熟女『夕莉』のアナル

アナルに秘めた究極のオーガズムを信じる男のブログです~「熟女」「アナル」「緊縛」「相互鑑賞」~

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

気を付けること。

アナルは決して清潔な場所ではありません。
次章ではいよいよ『拡張』に進みます。
先ずはWikipediaのアナルセックスをしっかりと読んでみましょう~。

下記に私が感じた注意点を書いてみます。

<爪>
手の爪はしっかりと切っておきましょう。
指サックやゴム手を着けていたとしても
初めのうちは加減が分からずについ力が入ってしまいがちです。
腸内は傷つきやすくすぐに出血してしまい痔や感染症の危険もあります。
少しぐらい出血しても粘膜で治りやすいのでそんなに心配することはないのですが、
そんな場合の為にも潤滑油としてワセリンをお勧めします。

<洗浄>
細菌感染の経路としては、
細菌の付着した手指で性器や口に触ってしまう場合が多いようです。
舌で舐めたり、おもちゃを挿入したあとも同様です。
指サックやゴム手は使い捨てにして、手指はマメに洗いましょう。
肛門の周りを舐めるくらいならそんなに気にしませんが、
舌先を差し入れて舐めた場合は唾液を飲み込まずティッシュなどに吐き出しています。
もちろんその後はしっかりとうがいをします。
おもちゃを挿入する場合は、
変色しやすいモノや水洗いしづらいモノはコンドームを着けるといいでしょう。

<挿入>
指やおもちゃやペニスをアナルに挿入して、続けて膣に挿入するのは止めましょう。
AVなどでは交互に挿入しているシーンをよく見ますが、
プロはちゃんと薬洗浄などをしているのだと思います。
また、アナルへのペニスの生挿入はかなりの確率で尿道炎になるので要注意。

<拡張>
初期のうちは異物感に慣れるためにアナルパールなどが使いやすいです。
パールは細いモノが多いので刺激に慣れるように長時間挿入させるのもいいと思います。
慣れてきたら細く小さいモノから太く大きいモノへと徐々に進めていきます。
初期のうちは割と順調に進んでいくのですが、
35~40mmくらいからは数ミリ単位が大変になってくるので、
焦らす慌てずじっくりと時間を掛けて進めていきましょう。
40mmくらいになればペニスの挿入も痛みなく出来るようになりますが、
その後の拡張は大体45~50mmで十分だと思います。
50mm以上になるとまた別のマニアの方の分野になりますので…。

<常時挿入>
拡張が順調に進んでアナルが柔軟になっても、
しばらくやらないでいると直ぐに元に戻ってしまいます。
そうならない為にはアナルプラグの常時挿入が必要です。
潤滑油にはやはり長時間潤うワセリンが一番です。
丸一日だと大変ですので、一日5~8時間くらいで十分です。

<相手の気持ち>
当たり前のことですが相手の体調や気持ちをしっかりと確認して下さい。
お腹を壊している時や切れて出血があるような時は絶対にやらないように。
無理をすると相手が力んで固くなってしまい上手くいきませんし、
それがきっかけで恐怖心を生んでしまうかもしれません。

| 準備 | 14:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ポチッとお願いします→→ 

COMMENT














TRACKBACK URL

http://jyukujyoyuri.blog.fc2.com/tb.php/16-ad140d48

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT